名古屋の風俗の求人情報自体も大事ですがその情報を紹介しているサイトの信用性も大事

風俗求人のサイトをチェックしながら、自分の理想や条件などに当てはまっている待遇の風俗店を見つけるときに、用語の意味を知っておくということはとても大事なことですね。用語の意味を知らずに、何となくという大雑把な理解で応募してしまうと、実際に思っていた条件と違ったりして混乱してしまうこともあるかと思います。

さて、たとえば風俗の求人サイトなどでもよく出てくる用語の一つにリピーターというものがあります。これは、求人用語ではないのですが求人の説明をするときによく出てくる言葉なので、覚えておいて損はないかと思います。リピーターというと、要は普通に考えれば常連だとか何度も足を運んでいるお客さんという意味なのはわかるかと思いますが、風俗業界においてこのリピーターという存在は非常に大事かつ大来なものなんですね。

どういうことかというと、普通の飲食店や接客業だとリピーターも新顔もそれほど変わりはないのですが、風俗店におけるリピーターというのは、安定して来店してくれる客なので、リピーターがつくのとつかないのとでは給料が全然違うのです。だから、風俗店自体にリピーターがつくとその人が金払いのいい人だというのがわかりますから、そう言ったリピーターのお客さんに気に入られることは、風俗嬢としてもとてもお金の問題で考えてもかなり有利なことになるのです。

そして、そう言った個人に対するリピーターになってくれるような人というのはやはり店に足しげく通ってくれる人が多いんですね。だから、求人にリピーターが多いというような記述がある店だと将来的に自分のリピーターになってくれるかもしれない人が見つかりやすいかもしれない、ということなのです。

 

作成者: SUTENO ENSEI